キャンプに行こう・前編

たまにはギタリストらしいこともしなくっちゃ、ということで。

グレアムがハウススタジオでギターの練習です。ジャカジャカ♪ ロカビリーかな。

ギターの練習ばかりじゃなくて、作曲すれば、著作権料がっぽりもらえるのかな?

またやってみなくっちゃ。でも基本は大事です。

ハウススタジオの奥にあるカラオケルームでは、ジョシュにデュエットの願望が出ていたので、スペンスにお付き合いしてもらうことに。

「君がすべてさー♪」

ジョシュがオーバーアクションで熱唱中ですw

「そうさ、そうなのさ~♪」

しっかり、コブシも入っておりますw
スペンスはコーラスで「ふっ、ふー♪」とかって言ってそう。

スペンスは、話し声が低音だからか、歌声もバスで、子供の高い声とそれなりにあってます。

「バッチリ息が合ってたね、スペンスおじさん!」

歌の出来に、ジョシュも満足そう。
そこに、隣のスタジオから、グレアムもやってきました。

スペンスおじさん、今度、二人でカラオケ大会に出ようよ!

上の階にいたはずのリオネルも、皆が集まってる地下のカラオケルームへやってきました。
(手にアップルパイのお皿を貼り付けたまま・・・。つまり、食べようとしていたんだね?)

前回記事の「アップルパイの呪い」がまだ続いておりましてね(^^;

食べない限り、張り付き続けるので、いつまでもくっつけてないで、早く食べちゃってー。

やっと、アップルパイを全部消化しきったので、新しいお料理を作ることに。

オイルのボトルを華麗にくるくる投げながら、お料理ちう。

実は、これは、作り置き用のお料理。
家に居残りメンバーに留守の間、食べてもらう用なのです。

やっと土曜日になって、ジョシュの学校もないので、キャンプに行くことにしたのでした。

4をプレイし始めてから、早く行こう行こうと思いつつ、まだ一度もキャンプに行ったことがなかったんですよね。

なので、とりあえず、お試しメンバーで行ってみることに。

この小さなコテージでいいかな?

キャンプに向かうメンバーは、こちらの3人です。

留守中、幼児のニコルは、スペンスに面倒見てもらうことにしました。
(世帯名、早くなんとかしないとな(^^;)

ロッジ「緑の聖域」に到着~。

借りたのは一番小さいコテージだけど、お試し一泊だけだから、いいよね?

キャンプ用の服装とかに着替えてきたほうが良かったかな?
(いつもの普段着で来ちゃった)

最初に何するかと見守ってたら、テレビ見るんかーい。

せっかくキャンプ場に来たんだから、 もっとアクティブに行動してください~。

ジョシュには、蹄鉄投げに挑戦してもらいました。

3のときにお祭り会場でやって以来だわ~(*´ω`*)
単純なゲームだけど、見ていて面白いですよね。

グレアムパパも参戦です。

「俺が決めてやるから、見てろよ~」
親子対決って、初めてかも?

次はジョシュの番だけど、後ろで、グレアムパパは気分悪そうなんですが。
風邪? 家では何ともなかったので、もしや花粉症?

(背後の川ではリオネルが何か釣りあげてます)

レンジャーさんが来てくれました。

ミズキさんとおっしゃる。

あれ? この前の修理屋さんも、ミズキさんだったんですが。
ウチの名前テーブル、ちゃんと仕事してる?
(まあ、平たい顔族らしい名前だけれども)

ジョシュがお腹を空かせてたので、パパが手料理をふるまうことに。

こーゆー場所でこそ、豪快に男の料理!ですよね。

キャンプシチューができたよー。

すばらしいお味になりました。

どうだ、俺もやるだろ?
みたいに、自慢気なグレアムパパ。

ミズキさんが隣に座って話しかけてきました。

あ、せっかく作ったお料理、地べたに置くんだ…。
(この区画、屋外テーブルがどこにも見当たらず。EAさん、そこまでワイルドライフを送らせようとしなくていいからー)

ジョシュには、リオネルと一緒に釣りをしてもらうことにしました。

カメラ目線で釣れた魚を自慢してるリオネルw

釣りをするのは、公園にお出かけしたとき以来、二回目です。

あのときは、アレクサンダーくんと遊ぶために、すぐに離脱しちゃったので、ジョシュは大してやってなかったんですよね。

何か釣れるかな~?とわくわくのジョシュ。

大物を釣り上げましたぞ。(無機物だけども)

家には、チェスも化学テーブルもないので、それで上がる子供用スキルがまだ1のままだったんですけど、この釣りでも上がるんですね!

キャンプ中にレベルガンガン上げとこう。

途中から、お隣でレンジャーさんみたいな服のおじいさんが、釣り糸を垂れていたんですが…

その立派なお髭で「若者」とは、年齢をサバ読みすぎじゃないだろうか、オカダさん。
(ここには日本人しかいないのかしら)

お腹が空いたので、ランチタイムです。

「これ、グレくんが作ったの?」 ←うれしそう。
そうそう。グレアムの手作りシチューだよ~。

そして、レンジャーのミズキさんが、立ち去ることもなく、本を読んでサボってくつろいでらした。…お仕事は?

ジョシュもお昼食べに来たのに、座るところが無いよ。

あのー、ミズキさん? 家族でご飯食べたいんですけど…

あ、クーラーボックスの上にも座れたんだね。

「グレくん、これ、美味しいよー!」
リオネルが絶賛しております。

「スパイスを絶妙に効かせてるからな」

そんな会話をさりげなく聞きながら、家族の仲間入りをしてるレンジャーさん。

ようやく、レンジャーさんがお仕事に戻ってくれて、椅子がひとつ空いたので、リオネルが移動です。

「俺はもう食い終わったから、ジョシュ、ここ座れよー」
グレアムパパも息子に席を譲ってくれました。

もぎゅもぎゅ。
やっとジョシュも椅子に座って、ご飯食べられるように。もぎゅもぎゅ。

グレアムが作るご飯は珍しいので、リオネルは、じーんと味わうように食べておりますw

だいたい、1つしかベッドがない、たぶん2名用の宿泊ロッジだから、ここにも椅子が2つしかないんだよね。
そこに三人で泊まってるから、無理があるのか。

キャンプに来た目的の一つが、まだ見つけてない植物を持って帰ること。

コレクションというよりも、お料理の材料用に集めたいんです。
材料がないと作れないお料理もたくさんありますもんね。

ここには、どんな植物が生えてるのかなあ。

案内板を見て、現在位置をチェック。

まだ、どこに何があるのか、イマイチ、中の人も分かってなかったり(^^;

コツコツ音がするから、何かと思ったら、奥の木にキツツキ!

小さくて、かわいい~。

ロッジから少し離れた場所でも釣りしてみました。

「釣れたよ~!」

自然大好きなこの人が、今回のキャンプを一番楽しんでる気がします。良かったね、心の洗濯ができて。

ロッジに戻ってきた頃には、すっかり陽も傾いてました。

「あ、キャンプファイアーだね~(*´ω`*)」

グレアムに火をおこしてもらったのでした。

「ボーイスカウトのとき以来かもなー。ほら、覚えてるか? 夕飯担当だった俺たちの班がシチュー焦がしちゃってさあ…」

「そうそう。それで、グレくんが、黒くしちゃえば、焦げてるのもわかんないって、イカスミ入れちゃって…」

幼なじみの二人が、しばし、少年のときの思い出話に花を咲かせてみたり。

ジョシュは疲れてロッジでぐっすり眠ってるので、二人きりでゆっくり、火を囲んで語らうチャンスだよ~。

キャンプファイアーっぽくしてみようと、ギターなど爪弾いてみました。ジャカジャカ。

薪がパチパチはぜる音と、アコギの音色。これでキャンプ気分も盛り上がるかな~。

最初は耳を傾けてたグレアムですが、でも、そこは、シロウトが弾くギターにガマンならなく…もとい、自分も参加したくなって、手持ちのエレキを取り出したまでは良かったのですが。
(リオネルはギタースキルそんなに上げてないので)

飛び火が…。

グレくん、燃えてるよ…?

「たいへん、グレくんが焦げちゃうー!(おろおろ)」

「あれ? 燃えてるな…?」

じゃなくて。すんごい勢いで燃えてるんですけど(^^;

「ど、どうしようー! グレくんー!(わたわた)」

「いや、俺はここだから。」

グレアムを避難させたはいいけど、突然の火事に、中のひともビックリ(^^;
えっと、えっと、これ、フリーウィルでは消してくれないんだっけ?

「わーん、ロッジも燃えちゃうよー!」

そのときの、リオネルのあたふたぶりが、おかしくて(^^;
いや、すっごく焦ってるのは分かるんですよw

そして、背後では、こんなことになってるとは思いもしてない釣り人がのんびり、糸を垂らしていたりして。

火をクリックして、消化させることができると分かって、グレアムに消火器を握ってもらいました。
3のときみたいに、勇敢気質とか無いから、指示して消火しないといけないのかな。

ぷしゅーっ。

「わーん、グレくん、危ないよー(おろおろ)」

ぷしゅーっ。

「ふっ。見事に消火活動成功だぜ。見たか、リオネル?」

自信家ゆえに、ふふん、とポーズ取ってますが。

一方のリオネルは、「グレくん、すごいー!」と褒めちぎることもなく、いたって普通の足取りで階段を昇ってロッジの中へ。

ロッジの中を通り抜けて、また階段を下りて、ロッジ正面に出てきたリオネル。

もう火も消し終わったけど、今頃、避難所に行くことにしたのね(^^;

ロッジの玄関からえらく離れた避難所だことw

「ふ~。どうなるかと思ったぁ~・・・」

避難所で胸をなでおろして、心底、安心した様子です。
まあ、グレアムも無事だったんだし、ロッジにも燃え移らなかったんだし。

それにしても、家には幼児も下宿人もいるし、なかなか二人きりになる機会もないから、キャンプファイアーを囲んで、二人きりでゆっくり・・・とかって思ってたはずが、どうしてこうなった(^^;

そんなこんなで、初めてのキャンプの夜は、ハラハラな展開で朝を迎えることになってしまったのでしたw





ところで、ページ上部にCONTENTSページを追加しました。

過去記事一覧になっていますので、また、よろしければご利用くださいませ~(*´ω`*)

キャンプに行こう・前編 キャンプに行こう・前編 Reviewed by Cocoa* on March 26, 2017 Rating: 5
Copyright ©2016 Spiced*Latte Sims4. Powered by Blogger.