砂漠の町のアパートメント・その5

新しいオブジェクトをアパート屋上に置いてみました。ヨガマットです。
チャドが健康オタクというのもいいかも、と思って、ヨガ道に進ませてみたのですが…

何故か、水の入ったコップ片手にやってきたワトソンさんに、近くでガン見されておる。
(フリーウィルです)

無心になって、心と体を健康にしようとしてるオヤジロッカーが珍しいのかしら。

まだまだ見てるよ(^^;

こんな近くにギャラリーがいちゃあ、やりにくいと思うのよ~。

自分がヨガやろうとして来てみたら、先を越されてたとか?
一枚しかマット置かなかったから、そばで順番待ちしてるのかしら。

ようやく、ワトソンさんも飽きたのか、別の場所に行くことにしたようです。(水入りコップ持ったまま)

その間も、チャドは、黙々と、心と体の鍛錬を進めております。

以前、ツイッターでも呟きましたが、ついにマイシムにも胸毛をつける日が…!ということで。
3のときも、つけたことなくて、マイシムの胸は、全員つるつるだったんですよね~。

しかし、今回のチャドや、マッチョ捜査官のサイモンには、あったほうが良いだろうということで。(海外の人って、どんなに顔が美形でも、大抵、胸毛あるよね…)

胸毛ならここ!というくらい、Sims4界での胸毛(Male body Hair)使用率たぶんNo1のLUUMIA'S LAIRさんの胸毛をお借りしています。

毛の多さにもいくつか段階がありましたが、ヘヴィはあまりにも免疫が無いため、中間のMEDを。

そして、チャドにヨガを極めてもらうにあたり、いかにもヨガっぽいタンクトップを見つけたので、着てもらったんですけど、胸元と脇がかなり開いてるために、俺の胸毛を見ろ!的なスタイルになってしまいましたわ。

黙々とヨガるチャドさん。

マッチョなオヤジが、ヨガマットで変てこなポーズ取るのも、見てて可愛いですw そういえば、ヨガマットの上では、誰もが白い靴下になるのも、可愛いですよねえ。

「ヨガのあとのメシは、やっぱ、うめーわ!」

ガンダルフ爺お手製の朝食を立ったままで、かきこむチャドさん。
(椅子に座るまで、食べるのを待てんのかー)

遠近法を考慮に入れても、ガンダルフ爺の顔が大きく見えるのは、もともと爺の顔がでかいのと、髭の面積が大きいので、顔が協調されるせいかと。

爺には胸毛はあるのだろうか。(想像しなくてもいいものを想像してしまった)

こちらは、いつもの2階のダイニングテーブルで朝食を食べる組。

ワトソンさんてば、両手いっぱいにお料理を!
そのハンバーガー、どうしたの?(^^;

目を離したすきに、どうも、屋上のグリルで作ってきてたみたいです。
(火事になっちゃうと困るから、やめてー、と何回かキャンセルしたけど、見逃してたみたいで。にしても、屋上で作って、2階まで持って降りて来るんだから、相当、ここのダイニングテーブルが、みんなのテーブルとして認識されてるようで)

こう人数が多いと、全員に目が行きわたらなくて、知らない間に誰かが何かしてたことも多くて、まあ、それはそれで面白いんですけどねw

朝から豪勢な食卓に、二人とも嬉しそうw
それにしても、ワトソンさんのお皿、大盛り! 食べ過ぎに注意だよ~。

見逃したといえば、今まで、幼児のジェレミーが、しばしば、三階から二階へ自力で行き来してたのに、途中の様子を一度も見たことがなくて。

今回、ついに、その現場を捉えることに成功しました。(まさか、ワープしてきてるんじゃないよね?とも思ったほどで)

おおう。

外階段だし、階下の裏庭部分も見えてるし、幼児が一人ではいはいしながら、よく降りてきてるな~(^^;
つるっと踏み外したら、下に真っ逆さまだよ。こわいよー。

(一応、下の踏み板を見ながら、降りてきてるみたい。こまかい!)
ジェレミーは放置されすぎて、お腹が空いちゃって、自力でお皿を取りにいくことにしたようです。

近くにいたスティーヴに迎えに行ってもらいました。

「ピザたべたいでしゅ!」

ジャンクフードに目覚めた幼児(^^;

ようし、おっちゃんが、まんま用意してやるよー。

せっかく頑張って、階段を一段一段下りてきたジェレミーでしたが、お疲れだったので、スティーヴに抱き上げてもらって、上の階の自分の部屋のハイチェアまで連れてってもらいました。

ほんと、ここのアパートは、人数多いのに、(中の人含め)幼児に目が行き届きませんで(^^;

ところで、前回記事では、このアパートメントのお隣の家に、ロジャース家が越してきた話を書きましたが。

とりあえず、近所をランニング中だったサイモンを掴まえて、アンドレアスさんとジェラルディンちゃんには、隣人に挨拶して知り合いになってもらいましたが、他の住人ともお知り合いになって欲しく。

ガンダルフ爺とスティーヴを派遣してみました。

お隣だと、こういうとき、便利ですね。

「突撃! となりの晩ごはんじゃ」

誰か在宅してくれてて、良かったです。
(あ、ガンダルフ爺の名前は適当につけたもので。「賢者」だから、ワイズに。本当は姓があるのかな? それとも、ガンダルフが姓なのかな?)

お家には、ティーンのジェラルディンちゃんと、ガブリエルがいました。

ロジャース家には、もともとあったデフォの家の間取りを変えて、内装も全部取り換えて、住んでもらってます。

初めまして、おとなりさん!

そして、ちゃっかり、女子高生の隣に座る爺(^^;
(フリーウィルです)

引っ越し祝いに、近所の女性が来てくれたときも、アパート住人で率先して交流してたのは爺だけだったしなあ。
若い子好き疑惑がw

と、そこに、とつぜん、ポップアップが出て、出版社のお仕事に(勝手に)就いてたチャドが、アンドレアスさんと知り合ったという情報が。
職場でも、ロジャース家と知り合ってくれて、良かったわ(*´ω`*)

すると、料理上手なジェラルディンちゃんが、外のバーベキューでお料理を始めました。

お客さんが来たから、おもてなしに、ってことかな?
(手土産も無く勝手に押し掛けてきただけだから)どうぞ、お構いなくー(^^;

「突撃! 隣の晩ごはんじゃ(もぐもぐ)」

有言実行な爺。

そこに、お仕事が終わったアンドレアスさんが帰宅しましたよ。
お邪魔してます~。

隣のアパートの大家ですわい、みたいなガンダルフ爺。

ここの黄色いソファ、人気だなw
ジェラルディンちゃんがピアノ弾くので、ピアノを聴きながら読書できたら、とピアノそばに設置したソファでしたが、ジェラルディンちゃんは、ここまでお皿持ってきて食事してるー。

そのまま放っておいても、会話が自然と弾んでたので、良かった良かった。

アンドレアスさんも、また、隣のアパートに遊びに来てね。

一方、アパートの住人に視点を移すと、仕事から帰ってきて、(またもやランニングにでも行ったのか)運動着に指定してる真っ赤な上下のジャージ姿のサイモンが、お食事中でした。

(君は、ほんと、普段着を着ないね(^^;)

と、次の瞬間、ちゃぽん!という水音とともに、こんな事態に。

一瞬、何が起こったのか分からなかったんですが。

二階のダイニングで椅子に座って食事してたら、水たまりに落っこちたって?

で、また次の瞬間には、何ごとも無かったかのように、元の食事姿に戻ったんですが。
この真下にプールがあるわけでもないし、一体、どんなバグだったんだか(^^;

そんな謎な現象にも見舞われてしまったサイモンは、アパート住人で一番不幸な男。

彼には、ひそかに中の人がくっついてくれたらいいなー、と思ってる女性がいました。

警察で同僚として働いてる、ジュディス・オブライエンです。

まめに幸せメッセージも送ってみたりして。
(なのに、なんでマンチ夫人との友好度のほうがめちゃくちゃ高いんだろう(^^; どこで会ったのかな?)

と、そんな矢先。ジュディスさんからサイモンに電話が!

うわー、モチOKだよ!

もう夜中の2時過ぎで、明日も出勤日だけど、全然かまわないよ!

すぐに、ジュディスさんがアパートメントに遊びに来てくれました。

そういや、ここのアパート、左端の緑のドアの奥には何もないんだけど、隣の門扉じゃなくて、これが玄関ドアと認識されてるのかな?
(ジュディスさんは、この緑のドアの前から動かない)

そして、何故かこのタイミングで、爺がゴミ出しに降りて来たw

フリーウィルだったので、思わず、後ろを見て笑っちゃいました。なにも、夜中2時過ぎにゴミ捨てに来なくてもいいでしょーがw
サイモンが電話を受けたときに横にいたから、気になって見に来たのかなー。

せっかくだから、爺も呼んであげましたw
(ジュディスさんの母親、パイパーばあちゃんとも早く知り合ってほしいし)

もう夜中だというのに、めっちゃ元気な爺。

なにを一人、大興奮してんのよー(^^;

綺麗な女性に会えて、ラッキーじゃわい、って? まったくもう。

爺が会話に入ってきてから、ジュディスさんもサイモンも、微妙な顔つきになってるんですけど。

人の恋路をジャマするでないよ、ってことで、(呼び寄せておいて申し訳ないけど)爺には退散してもらいました。

二人きりになったら、俄然、楽しそうになったよー。

アンラッキーな男の異名を返上すべく、ジュディスさんにアピール攻勢のサイモン。
良い雰囲気ではないですか(*´ω`*)

でも、そうすんなり行っても面白くないので、近くにいたチャドを呼んでみました。

俺は当て馬か?って感じの、浮かない顔のチャド(^^;

お邪魔虫なんじゃないのか、これ?と内心、思っていそうですが。

まあ、そこは、マッチョな男たちに囲まれて、ジュディスさんもまんざらではないらしく。
(警察に勤めてるくらいだから、好みも、モヤシっ子みたいなギークじゃなくて、マッチョメン派だろうと)

にしても、早く中に入って欲しいんだけどなあ。せっかくなので、ゆっくりしてってください~。

明日の朝も仕事だから、中には入らずに、早々においとましましょう、ってジュディスさんは思ってるのかしら(^^;

あ、入ってってくれた。

そして、門扉前に、ぽつねんと取り残された野郎二人。

部屋では、ジュディスさんとおしゃべりしてみたり、オヤジロッカーとして、ギター弾いてアピールしてみたり。

お客さんと知ってなのか、ワトソンさんまでやってきて、4人でおしゃべりしてました。

そういえば、引っ越し祝い以外で、初めて、アパートに来てくれたお客さんなんだもんね。
しかもマイシムで。

中の人が、日中も夜も、アパート住人のお世話だけに追われてしまうので、なかなか、外に飲みに行ったりとか出来てないから(^^;
もっと、外部のタウニーさんとも交流しなければw

すっかり、外も明るくなっちゃって。

途中、離席して、シャワー浴びてもらったサイモンが、やっと普段着に着替えてくれたよ!
こんな服にしてたんだっけ・・・?(覚えてない)

それにしても、せっかく二人きりでゆっくりお話できると思ってたのに、そんな時間もほとんど無かったね(^^;

「今度さ、仕事終わりにパトカー借りて、デートにでも行こうぜ」

ちょっとそれはマズイわね、って顔のジュディスさん。

「いやー、ははは、冗談だよ、冗談」

腰が低すぎるよ、サイモン。
中の人は、後ろの壁紙が一枚剥がれてるのに、今頃気づくとか。

このあと、一旦帰ろうとしたジュディスさんでしたが、キャンセルされてしまったのか、サイモンが警察にお仕事に行ったあとも、まだアパート内に留まってました。

「えほん、よむでしゅー」
ジェレミーは、スティーヴおいちゃんが大好き。

そして、もう昼過ぎなんですが、ジュディスさん、いつ自宅にお帰りになるの?(今日は警察のお仕事は非番で?)

砂漠の町のアパートメント・その5 砂漠の町のアパートメント・その5 Reviewed by Cocoa* on February 13, 2017 Rating: 5
Copyright ©2016 Spiced*Latte Sims4. Powered by Blogger.